性病・性感染症(STD)の全て

風俗業と性病・性感染症

風俗01

風俗業の歴史と現状

第2次大戦前までの日本における風俗業の歴史について、文献などの記載をみると、古くは万葉集などから記載があります。ことに近代的公娼制の起源は、豊臣秀吉が京都に遊郭を設けたのが起源で、その後地方にも散在するようになり、江戸時代には江戸の吉原が大いに栄えたようです。明治以降は遊郭が各地におかれ、貧困を原因とする身売りが社会問題となっていました。


第2次世界大戦後は、米兵を相手にする「公娼」(赤線と呼ばれた)と一般の「私娼」が存在し、日本の公娼制度は昭和33年まで存在しました。赤線で働く女性は性病検診が義務づけられ、業者直営の診療所による検診、行政による検診が行われていました。


昭和33年には売春禁止法により日本における公娼制度は消失し、それが形を変えて風俗営業として続いてきました。風俗営業の名称はさまざまで、ソープランド、ファッションマッサージ、SMクラブ、サロン、ピンクサロン、セクシーキャバクラ、ホテヘル、ホテトル、デリヘルなどがあります。

風俗での感染予防と従事する人の意識

風俗業では、月経中の性交渉、コンドームを使用しない性交渉など、性病・性感染症の予防に対する配慮が欠如している例がみられます。
風俗業に従事する人、利用する客の多くは、性感染の予防方法を知識としては知っていると思いますが、それが実際に実行される割合はかなり小さくなります。このように、風俗での性病・性感染症予防はきわめて難しいのが現状です。


性病・性感染症の予防という点では、風俗業に従事しないことが最も有効な方法です。しかし、風俗業に従事する人に対しての調査で転職の意思を調べたところ、転職する意思のある人は半数程度に、とどまっているのが現状です。


風俗業に従事する人の過去の性病・性感染症の罹患歴を調べると、クラミジア、カンジダが多く、淋病、ヘルペス、トリコモナスが続いていることがわかります。風俗営業に従事している期間が長いほど、多くの罹患歴を有している可能性が高くなります。ですので コンドーム の携帯や早期の発見の為の性病検査キット は必需品です。



風俗02
Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.