性病・性感染症(STD)の全て

性病・性感染症

性病・性感染症01

性病・性感染症とは

性病・性感染症sexually transmitted disease(STD)とは、性行為で伝播するすべての感染症を指し、現在では30種以上の原因微生物の存在が知られています。


原因微生物としては、梅毒、淋病の原因となる細菌類、尿道炎、子宮頚管炎の原因となるマイコプラズマ、クラミジア性病・性感染症、性器ヘルペス、ソケイリンパ肉芽腫症、軟性下疳、トリコモナス感染症、毛じらみ、カンジダ腟炎、疥癬、尖圭コンジローム、B型肝炎、エイズの原因となるウイルスがあげられ、また原虫、かび、寄生虫が原因となることもあります。


これらの病気の恐ろしいところは、自分だけがいくら予防につとめても、相手が感染している場合はうつされる可能性があるということです。少しでも異常があった場合は、恥ずかしがらずにパートナーと共に治療を受けましょう。 男性専門山の手形成クリニックでは専門スタッフがメールや電話にて24h対応、丁寧にアドバイスしてくれます。


幸いなことに、性病・性感染症の多くは早めに発見して早めに治療すればきちんと治すことができます。性病・性感染症の知識を身に付けて、自分の体は自分で守りましょう。

性病・性感染症02

性病・性感染症の検査法

検査の方法は、淋病は顕微鏡検査、クラミジアは抗原検出法、梅毒は梅毒血清反応、HIVは抗体検出とPCR、ヘルペス、シラミ、尖圭コンジロームは視診、カンジダは顕微鏡検査、培養検査で、診断は行われています。


クラミジアや淋病は自覚症状が少なく、検査によって判明することがほとんどです。すなわち自覚症状のない感染者が、新たな感染を引き起こしている可能性が考えられます。

女性用クラミジア+淋菌検査キットを使えば、自宅で手軽に分泌物を採取して、クラミジアと淋菌をチェックすることができます。男性用クラミジア+淋菌検査キットも市販されています。



性病・性感染症03

【ラブコスメティック】お気に入りのコンドームが必ずみつかる!

epoca(エポカ) 12コ入 避妊ゼリー付きのコンドーム。日本初の厚生労働省承認。



Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.