性病・性感染症(STD)の全て

トリコモナス感染症

トリコモナス感染症とは

トリコモナス感染症は原虫の1種であるトリコモナスによる感染症です。トリコモナスには、膣トリコモナス、腸トリコモナス、口腔トリコモナスがあり、それぞれ感染部位に特異的な性質を持っており、生殖器に感染し病原性を示すのは膣トリコモナスだけです。


感染は性交によることが主ですが、衣服やタオルあるいは便器や浴槽を通じた感染も認められます。また妊婦から新生児への垂直感染も認められます。感染者の年齢層は他の性病・性感染症とは異なり若者だけでなく非常に幅広いのが特徴です。

STD検査キットなどを使用しこまめに検査しましょう。

トリコモナス感染症の症状

男性の症状としては尿道炎がありますが、いわゆる非淋菌性尿道炎のうちの一部分がトリコモナスによるもので、非淋菌性尿道炎の原因としてはポピュラーなものではありません。


男性の場合、前立腺炎を併発する場合が多く、トリコモナスは本来前立腺や精嚢に棲息し尿道に出てくることで尿道炎を引き起こすともいわれています。また、膀胱炎、精巣上体炎、まれに包皮下に感染し亀頭包皮炎を起こすことがあります。


女性の場合、症状は非常に多様です。帯下(粘液性の膣からの排出物)の増加が最も多い自覚症状で、その他排尿障害、外陰部のかゆみ、刺激感、悪臭などがあります。また膣炎を起こすこともあり、この場合トリコモナス以外の菌との混合感染が一般的にみられ、同時に感染した菌が悪臭の原因となります。


子宮膣部は感染により発赤し、“苺状”と呼ばれる所見を呈します。さらに尿道炎が1/4にみられます。バルトリン腺炎がみられることもありますが、これは合併する細菌感染によると考えらます。


また、女性の場合、特徴的症状のある場合診断は容易ですが、確定診断は膣に貯留する分泌物の顕微鏡検査、あるいは培養検査によるトリコモナスの検出によって行われます。


男性で尿道炎のある場合は、尿道擦過による標本や尿沈渣を用い、トリコモナス検出検査が行われます。

妊婦におけるトリコモナス感染の影響

トリコモナス感染の妊婦が、胎児へもたらす影響は明確ではありませんが、トリコモナス感染がある場合未熟産が増加するという報告が多くあります。トリコモナスそのものの病原性より感染に伴う膣内環境の変化が影響していると考えられ、それに伴う他の細菌感染との合併が原因であると考えられています。


一方、分娩時に新生児に垂直感染することもありますが、確立は低く、また感染は一過性であることが多いため、ひどい症状がなければ治療の必要はないとされています。

トリコモナス症の垂直感染

トリコモナス症は、垂直感染の生じることはまれですが、トリコモナス症と早産との関連が認められており、妊娠12週以降の妊婦が感染した場合には、治療が行われます。ニトロイミダゾール系薬剤の膣内投与が一般的な方法です。

女性のトリコモナス感染症が他の疾患に及ぼす影響

トリコモナス感染症は、直接の感染症状のほか、他の疾患の発症にも影響を及ぼすと考えられています。クラミジア感染症淋菌感染症と同様、トリコモナス感染はHIV感染リスクを増加させるとされており、卵管炎などの骨盤内感染症や子宮頸癌の患者にトリコモナス感染が多いという報告があります。


トリコモナスは他の細菌、ウイルスなどを子宮内へ運ぶvectorとして働くことが、他の感染症を引き起こす原因になっていると考えられます。

トリコモナス感染症の治療と予防

トリコモナス感染症は、性病・性感染症でありピンポン感染を起こすことから、パートナーとともに治療することが必要です。


治療薬はニトロイミダゾール系薬剤(メトロニダゾールなど)が広く用いられます。男性ではトリコモナスは前立腺にも存在するため経口投与が行われ、女性の場合でも尿路感染の可能性があるため経口投与が必要ですが、自覚症状の改善が早い膣座薬による局所療法が併用されることもあります。


一方、妊婦の場合、経口投与では薬剤が胎盤を通過し胎児に移行するので原則として避けられ、その危険のほとんどない局所療法がすすめられます。治癒判定は自覚症状の消失、トリコモナス原虫の消失の確認でなされ、パートナーと共に治療した場合は予後は良好です。


コンドーム による感染予防が可能ですが、感染者とパートナーの治療を徹底することが結局は予防につながります。

Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.