性病・性感染症(STD)の全て

性病治療は専門クリニックへ

自宅で出来る性病検査キット

HIV01

性病治療

 

「あれ?もしかしたら性病かも・・・」

陰部に違和感を感じる、亀頭部分にブツブツができている、排尿時に痛みを感じるなど、男性の場合、性病の症状が比較的わかりやすいのが特徴です。

 

本来、クラミジアやコンジローム、淋病などの性病の治療は、すぐに検査を受け、薬を飲めば、二週間〜1ヶ月で完治するものです

 

ただし、治療をせずに、騙し騙し放っておくと取り返しのつかない事態を招いてしまいます。パートナーにも甚大な被害を与える可能性が非常に高いのです。

女性の場合は、かかりつけの産婦人科に相談してみるのをおすすめしますが、 男性はどこに検査をしてもらえば良いのか本当に迷うものです

 

男性が性病の治療をする場合、誰にも相談できないし、近所の泌尿器科に足を運ぶのも、なんだか気が進まないことが多いようです。

男性の性病治療は、やはり男性専用の信用できるクリニックで検査を受けるべきでしょう。

男性専用の信用できるクリニックとして当サイトでは、上野クリニックをおすすめします。

下記から公式ページに飛んでいただき、右上にあるオンライン予約を押してください。
誰にもばれずに、信用のおける医師の診察を受けることができます。

 

↓↓↓ 上野クリニックの公式ページはこちら ↓↓↓

 

性病かな?と思ったら迷わず医師の検査を受けることをおすすめします。

手遅れとなる前に検査を受けましょう。

上野クリニックの公式ページはこちら

女性特有の性病検査・治療

 

「あれ?この白いオリモノ、何だろう。臭いがあるし、ちょっとかゆいな・・・」

 

膣の中は普通、女性ホルモンや乳酸菌によって酸性になっています。ですが、ホルモンバランスの影響や体調によって、膣の中が中和されてしまう場合があり、この場合に膣炎(炎症)を起こしてしまう場合があるのです。

 

膣炎や、膣の外が炎症を起こしてしまうと、オリモノが多く出たり、痒み・痛みを感じ、見た目も赤く炎症になってしまいます。

 

この要因としては、カンジタ(カビ)や細菌、寄生虫によるものがあります。

 

おかしいなと思ったら、まず膣内の酸性濃度(ph)を測るのが一番簡単で、自分の状態を性格に知ることが出来ます。

膣内の酸性濃度を測って、すぐにカンジタの可能性があるかどうか分かる検査キットがVagisil(バジシル)です。バジシルは、小指より細い検査棒を5秒ほど膣に入れるだけで、自分の膣内の酸性濃度を調べることができるので、病院に行くのも面倒だし恥ずかしいし、でもすぐに結果を知りたい、という方にはおすすめです。

 

→膣内の酸性濃度を測ってカンジタの診断が即時で出来るバジシル

Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.